運転手をPTSD解離暴走に追い込んでJR福知山線脱線事故を起こした前社長に禁錮3年求刑

乗客106人が死亡した
2005年4月の事故で
業務上過失致死傷罪に問われています。
 ―殺人罪にしてほしいです。
1996年12月
半径600メートルから
半径304メートルの
急カーブに変更する工事を実施
この直前に
JR函館線で
同様のカーブで
脱線転覆事故が発生していて
「被告は脱線転覆を予見することはできた。
しかし
ATS整備を検討させないまま、
(工事後に)漫然と運行を開始した」
そして
若い運転手に
「懲罰教育」を繰り返し
無理な運行をさせたのです。
どれだけ酷いストレスだったでしょう。
 ―当時は
 変な運転手が
 大惨事を引き起こしたという
 認識だったように思います。
 ご遺族のPTSDが一番過酷でしょう。 
$PTSD研究家翠雨の日記
そして今も
それをやめていないのですから
法の力が必要です。
残念ながら
凶悪犯による被害以外は
 ―こんなのも凶悪犯だと思いますが
★問題に気づき
★訴え
★認められて
ようやく犯罪になるのです。
それまでは
法律書のなかにあるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。