草間弥生さんの水玉はPTSDのお薬

10代の頃から
周囲の人々の
冷たい視線にさらされ
統合失調症と
診断されたりしましたが
日本を飛び出したりして
苦労しながら
「芸術に全てをかけて生きる」ことを
指針に
個性化の過程を
歩み続けられています。
 ―ポニョみたいに貫きます。
生きたいように生きるなら
このくらいの覚悟がなくちゃ
ダメですね。
 ―精神病院廃絶の国イタリアの
 香りもします。
$PTSD研究家翠雨の日記
この人の水玉は
人を救う網のような
仏教的な意味があると
書きましたが
インパクトの強さは
作品に出会った人が
衝撃を受け
魂のどこかに
それを取り込み
 ―こころの薬ですね。
つながってゆく作用が
あるのではないかと
ご本人は
語ります。
★悪い衝撃を受ければ
PTSDになりますが
★良い衝撃は
PTSDを治癒すると
思います。
 ―多くの偉人は
 天恵に衝撃を受けて
 自己実現しています。
今日の朝日新聞朝刊で
芸術の力を
教えてもらいました。
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。