100周年の日本橋「橋洗い」でこころのケア

日本橋で
夏の風物詩となっている
「橋洗い」が
昨日行われました。
41回目の今年は
現在の橋が架けられて
100周年でもあります。
名橋「日本橋」保存会の
中村胤夫会長は
「記念の年であり
東日本大震災からの復興に向けて
ここから元気を送りたい」と
述べました。
$PTSD研究家翠雨の日記
心理療法でまず行うべきことは
ラポールの形成
橋をかけることです。
$PTSD研究家翠雨の日記
美智子さまの
こころのケアは
お手本になります。
無意識のうちに
自分本位になっていないか
ラポールが消えていないか
時々
確かめる必要が
ありますね。
大勢で
橋をきれいに磨いた
子どもたちの目も
輝いていました。
世の中のために
無心に行うことで
開かれる何かを
学んだのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。