次男が全焼させた介護職員宅はPTSD解離性機能不全家族

北海道で
介護施設職員宅が全焼
焼け跡から1遺体が見つかり
高校3年の次男(17)が
「自分が火を付けた」と
話しているようです。
 ―次男は明らかに
 PTSDを発症しています。
 放火は間違っていますが
 家族を自分の幻想の中で
 1つにしたかったのでしょう。
 古典的なメカニズムです。
遺体は
連絡が取れなくなっている
高校2年の次女(16)のようです。
 ―家族にトラウマをもって
 孤独だったでしょう。
機能不全家族ですね。
 ―介護職っていうのが
 象徴的です。
 今のこころの産業を
 揶揄してます。
PTSDは
『ま、いいか』と放置していると
いつか致命傷になる
危険な病になってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。