機能不全家族に耐え切れず放火したPTSD解離高校生逮捕

$PTSD研究家翠雨の日記
朝方
北海道で
介護施設職員の男性(52)宅が全焼しました。
 ―長女(24)は手首の骨を折る重傷
  男性は上半身に大やけど
  長男(27)は軽傷
  次女(16)は死亡
高校3年の次男(17)は
自分で110番し
「自分が1階に火を付けた。
家庭内でトラブルがあった」
「家族と打ち解けられない。
内向的な性格になったのは家族のせい」などと
話しています。
放火はもちろんいけませんが
どうしてよいかわからない
巨大なストレスで
解離してしまったわけです。
子どもの声を
もっと傾聴しなければなりません。
こんな家庭が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。