今秋臨床心理士のこころのケア学習スタート

水面下では
動きがあったようです。
$PTSD研究家翠雨の日記
10月10日に
東大で
国際シンポジウムが
行われ
欧米でのPTSD治療の実際や
東日本大震災での取り組みを
 ―①文部科学省
  ②厚生労働省
  ③被災地支援にあたった臨床心理士
報告しあいながら
考えるようです。
前日には緊急ワークショップもあります。
半年かけて
準備していたようで
頓挫したままの
臨床心理士の国家資格を
なんとかしたいという気持ちもあり
 ―私は反対ですが
到底無視できない
PTSDについて
動き始めているようです。
 ―随分前になりますが
 学会誌で
 うつ病や統合失調症は多すぎると
 本来のPTSD治療回帰宣言は
 したのですから。
気になるのは
箱庭の学会期日になぜ
ぶつけてくるのか?
 ―仕方がなかったのでしょうが
私の「箱庭とこころのケア」の話が
みなさん聴けないではないか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。