被災地は初盆を迎え仏教も生まれ変わるこころのケア

東日本大震災の被災地も
13日
お盆を迎えました。
犠牲者にとって初盆となります。
 ―まずは迎え火ですね。
家が津波で流され
自宅で供養できない人も多いですし
お寺やお墓が流された方々も
たくさんおられます。
仏教の宗派や檀家の考え方は
がらりと変わるでしょうね。
そういう気勢が
心理療法も変えると思います。
すべてはより本質的になっていく
気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。