東大寺万灯供養会でこころのケア

$PTSD研究家翠雨の日記
奈良市の東大寺で
昨夜
大仏殿(国宝)の参道などに
灯籠約2500基を並べ
先祖の霊を供養する
「万灯供養会」が
営まれました。
大仏殿正面の「観相窓」が開き
大仏である盧舎那仏坐像が
黄金に輝きます。
 ―1つの窓に無数の光は
 【一即多】
『崖の上のポニョ』のクライマックスを
思い出しました。
 ―ポニョの一念で
 海が水と火の祭典になります。
 3月にある
 お水取りの原理
PTSD研究家翠雨の日記
灯は1つ1つのたましい
結束すれば
偉大なパワーになります。
【一即多】が華厳経の第一思想ですから
 ―東大寺は大本山
こころのケアの原型そのものです。
そう言えば
田久子さんが喪主を務めておられました。
自らの意思を表明することで
バッシングされながらも
愛を貫き通したのだとか   ←ポニョ
いろいろ書かれてました。
不思議な時期に亡くなられるものです。
人間の無意識は
相当いろんなことを考えているものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。