『コクリコ坂から』感官カルチェラタン・麒麟児吾郎

公開中ですが
このくらいならいいでしょう。
PTSD研究家翠雨の日記
メインとなる場所は
カルチェラタン
取り壊し寸前の危機を  ←伝統の象徴
みんなでお掃除したり
大人にかけあったりしながら
存続させることに
成功する流れの中で
ヒロインの恋も叶うのです。 ←個人の幸福
PTSD研究家翠雨の日記
どうりで
この建物には
深い意味が籠められてます。
$PTSD研究家翠雨の日記
ユング心理学で言うと
感官
Ⅰ・Ⅱ・ⅢとHを結ぶ管
マグマのような底力と
つながっている
心身一如の場所です。
自分の使命を
自覚するには
ここを研ぎ澄ませる必要が
あります。
$PTSD研究家翠雨の日記
これまでは
アリエッティたちの地下の家と
翔君のお屋敷を結ぶ
こことか
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
ポニョや妹たちの部屋として
描かれていましたが
今回は豪華ですね。
継承の重みを意識しての
ことでしょう。
5つの電球も真ん中に
添えられて
基本ははずしません。
伝統は電燈ですね。
 ―禅には
 『伝灯録』なんてのがあります。
 燈籠は仏教とともに
 来ました。
PTSD研究家翠雨の日記
この続きですね。
陰陽五行ですが
普通は四神です。
 ―キトラ古墳
麒麟児は
 ―いよいよ大事なときに
 出てくる神なんです。
 麒麟は陰陽相殺の
 土気の神
吾郎さんが麒麟児です。  
優秀な子という意味ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。