大阪一斗缶バラバラ殺人事件もPTSD解離人格によるずさんな犯行

遺体が細かく切断されたり
消臭剤が使われたりしているわりには
缶に特殊な薬品のラベルが
貼られたままだったり
購読者が限られる専門紙に
遺体を包んだりするなど
特徴的な遺留品が多く
 ―薬品や専門誌
 再考する時代ですひらめき電球
ずさんな犯行であるそうです。
PTSDで
解離しているから
不安や感情に駆られて
場当たり的に
行動するのでしょう。
気になるところだけ
徹底的に
 ―あくまで
 本人のつもりですがあせる
対応し
あとは野となれ山となれ…と
(自覚していないと思いますが)
行動します。
犯人像は
そういう病の「ひと」でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。