修道院のような穏やかな生活でPTSDを克服する

$PTSD研究家翠雨の日記
PTSDは昔から
ありふれた病
少し前までは
宗教が受け皿でした。
 ―効果のほどは別として
 加持祈祷は今もあります。
臨床心理学の臨床は
死の床の意味です。
$PTSD研究家翠雨の日記
東洋でも
西洋でも
死に行く人の気持ちをなだめ
残された人々へケアします。
 ―こころのケアの原型です。
精神科で薬をもらって
気持ちを断捨離するのは
最近の狂気の流行です。
 ―科学的で合理的なのを
 よしとする風潮
当たり前の生活をし
当たり前のものを食べ
 ―できない人には援助し
こころを当たり前に保つことで
 ―保ててない子どもには
 声をかけ
気がふれたり
気が狂ったりする人は   =PTSD
 ― 一時的にはよいのです。
もっと少なくなり
自殺する人も減ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。