両親の離婚トラウマで子どもがPTSDになる

朝日新聞が
「両親が離婚したら」という
テーマで書いてました。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
離婚は
仕方がないですが
子どもを傷つけていることに
もっと注意を払うべきだと
ジブリも示すように
なりました。
礼儀正しく
お勉強もできて
 ―12歳なのに
 原語で『神曲』を読む。
さらりと【否認】してますが  ←PTSDの種
思想を語らせると
デタラメで
 ―あまりに頭でっかちで
 冷たい。
 無知の方がマシ
アリエッティを
 ―無意識にある
 自然治癒力の象徴
怒らせます。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
大人になって
結婚して
うまくいかなくて
 ―PTSDが未治療だと
 うまくいきません。
 あるいは子どもに連鎖したり
 虐待してしまったりします。
離婚するとき
「運命だ」と
言うのでしょう。
心臓が悪いのも
運命だとこのときは
考えていましたが
アリエッティに叱られ
改心し
頭よりさきに
身体が自然に動くようになり
 ―「会いたい」とか
  「助けたい」という
  気持ちがそうさせます。
生きる勇気が
沸いてきます。
一日中ベッドの上で
すごすほど
心臓は悪くないのです。
 ―ヒステリーですね。
心臓が悪い子
勉強ができない子
応用が利かない子
お話がかみ合わない子
両親は離婚してないか
最近お葬式はなかったか
夕食は誰と何を食べたか
どんな夢みるか
聞いてみたらよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。