病院内セクハラでのPTSD予防が必要な時代

看護学生の6割が
実習中に
患者から暴力を受けているそうです叫び
 ―長続きしないと言われていますが
 こころに傷を受けて
 やめてゆく人も多いのではないでしょうか。
なんと
性的暴力が叫び
精神的暴力と並んで
4割を超えています。
看護職員への暴力は約3割ですから
2倍です。
2割の学生は
誰にも相談せず
「怒り」「嫌悪感」を覚え
「辱めを受けた」「人格を否定された」と
感じたと言います。
 ―がんばって勉強している
 若い人たちに対して
 酷すぎますね。
病気がストレスになるのは
誰でも知ってますが
こんなに多いとは…。
そして
ストレスを
立場の弱い学生に
発散してしまうのは
【解離】していますね。
精神科だけでなく
医療にはPTSDと予防の知識が
必要な時代になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。