PTSD解離教授のちゃらんぽらんユング心理学的不適切発言

福岡教育大の紀要に
不適切な表現があったようです。
大学が2009年に
福岡市で開いた講演会で
 ―講演録として
 掲載されていました。
 当日指摘されず
 紀要編集者もスルーしたんですね。
 【解離】してますね。
外部講師が
 ―スクールカウンセラー経験もある
 愛知県内の
 私立大の男性教授(61)
「対応困難な保護者の
見立てとその対応」という
テーマで語ったそうですが
同和地区のある学校で
保護者に金銭を要求されたり
うつ病になったりした教師の例をあげて
 ―こんなのでうつ病になりませんよね。
 ここは間違いです。
「学校なんかじゃない。
アウシュビッツ」と
例えながら
対応を助言したという部分です。
臨床心理学に
たとえ話はつきものですが
【象徴】の扱いを誤ると
いけないですね。
 ―いい加減な話や
 役に立たない話なら
 迷惑なだけで
 罪はないのです。
ユング派が象徴否定して
発達障害を作る時代ですから
こういう人も出るかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。