うつ病を治す『こころの免疫力』で魂の快復を目指す

$PTSD研究家翠雨の日記
アレルギー性疾患で
食べ物に気をつけるのは
常識ですが
「こころの病」も
脳に薬を与えることばかり
考えるのはダメで
 ―危険すぎますドクロ
おなかを含めた  ←実はメイン
からだ全体として
考え治さねばならない
問題だという
古くて新しい指摘です。
 ―セロトニンなど
 神経伝達物質生成には
 腸内細菌が
 重要な役割を果たします。
 腸が第一の脳です。  ←無意識
もちろん
うつ病と思われているものは
PTSDであり
こころの傷があるからですが
おなかの免疫力があると
 ―虐待環境では
 整えにくいのが難点ですが
頑張りが利きますし
錆付いた遺伝子に
スイッチが入ります。
そのうち
食事に関する常識のウソが
集合的暴力になっていることも
見えてくると思います。
 ―薬害程度なら
 自分で気づきます。
精神科の薬にヤイヤイ
言いながら         ←言って下さい!
 ―ちゃんとした人は
 単に悪者にしたり
 煽ったりでおしまいに
 していませんが…
コンビニで買ったおにぎりを
子どもに与え
 ―どれだけ添加物が入ってるか!
ステロイドを平気で使い
便秘薬を服用する
困ったさんは
結構います。
PTSDは根本的
全体的に治す病です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。