田中真紀子元外相をめぐる驚愕&動揺の巻き返し人事でPTSD復活に期待

民主党は
党に割り当てられた
人事を内定しましたが
田中真紀子さんの
衆院外務委員長内定が
波紋をよんでいます。
2001年4月の外相就任から
翌年1月に更迭されるまで
人事や外交日程の調整を巡り
外務省としばしば対立し
 
 ―こういう人が減りました。
 貴重な存在ですが
 口をふさがれます。
同省を
「伏魔殿」と呼んだのは
記憶に新しいです。
 ―「やれ!」と煽りながら
 「スカートのすそを踏む人」も
 身近にいましたね!
同省は
「驚愕の人事だ。
民主党の感覚がわからない」と
動揺を隠せません。
 ―トラウマの再燃です。
PTSD人事ですね。
キーワードは
新旧巻き返し
 ―巻向古墳
PTSD問題も
少しいい動きがあったようだし
そういう伏せんであってほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。