「市庁舎で警報機外してバーベキュー」が象徴するPTSD否認社会

神奈川県藤沢市の懇親会で
起こった問題のようですが
煙で
別の火災報知機が作動して
防火扉が閉まる騒ぎが
起きていました。
 ―無法者は閉じ込められるのです。
管財課に
「特段の配慮をしてほしい」と
依頼書を提出
管財課も
業者に依頼して
火災報知機を取り外していました。
消防から
絞られたようですが
こういう影のシステムが
日本では横行しているということでしょう。
精神医学も心理学も
存在するけど
オフレコで
ルール違反を普通にしてしまいます。
 ―従わないのはKYであり
 干される。
トップダウン方式で
同業者はおろか
学生や
業者も
右向け右!です。
その結果
$PTSD研究家翠雨の日記
カビの生えた
ドイツ精神医学に押され  ←ベンツ
PTSDにいっせいに
SSRIをかけて     ←ねずみ取り業者
廃人に近づけます。
身体内部では
自然治癒力が
壊滅状態になります。
$PTSD研究家翠雨の日記
よく見たら
すばらしい世界がそこにあるのに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。