相次ぐ児童虐待による死亡事件に橋下知事のメスが入る

大阪府門真市で
生後3カ月の女児が死亡し
両親が傷害致死などの容疑で
逮捕された事件で
専門機関が
機能不全を起こしていたことについて
 ―通報を受けながら 
  対応できなかった。
橋下知事は
「なぜ死亡という
最悪の事態になったのか
専門家チームで検証してもらい
どうすべきだったのか整理したい」と
話しました。
外部の専門家による
検証になるようです。
 ―内部ではダメだと
 認めました。
 これは当然でありながら
 画期的な事件です。
どこまで外部にするか?が
成否を決めるでしょう。
ここまで来てくれたらいいなと
思います。
PTSD抜きに
児童虐待は説明できません。
★人間は十人十色
★原理なんかない
★いろいろな見方があっていいなんて
 ―でもって
 発達障害流行と
 子どもへの投薬は
 固定した常識という
 矛盾
そんな甘い考えが
子どもを殺害させるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。