加護亜依さんの行動だけ見てたら流行のPTSDを見失う

$PTSD研究家翠雨の日記
帝の寵愛を受けたために
宮中の女官たちに妬まれ
苛め殺された母親から
生まれたのが
光源氏です。
 ―自分の責任でないところで
 大きなこころの傷を負っています。
物心ついたころに
★母がおらず寂しく
★女性イメージが悪く
 ―宮中は
  教育上よくない場所ですね。
育ちました。
生まれはよく
物質には恵まれていますが
心理的には
スラムの生まれです。
源氏といえば
派手な恋愛行動のイメージがありますが
決して楽しんではおらず
トラウマに突き動かされての
解離行動ばかりです。
その結果がさらに
トラウマを複雑にしてゆきます。
源氏は言います。
「後の世の皆さま
私を誤解しないでください。
人の行動だけで
人は評価できません。
 ―大げさに誇張されて
 伝わることもあるとも
 書いてあります。
 寝殿造りで聞き耳を立て
 ゴミ箱をあさる女官は
 マスコミや探偵と似ています。
$PTSD研究家翠雨の日記
加護さんの行動だけ見てたら
真実がわかりません。
したたかとかじゃなくて
PTSDで解離してしまう
体質なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。