病院でPTSDが治らないから「除霊」で殺された中2少女

熊本県で
僧侶(56)と
会社員の父親(50)が
逮捕されました。
死亡した
中2の少女は
小学校高学年から
心身の病気を患い

病院で治療を受けさせても
回復の兆しがなかったので
 ―うつ病とか
 発達障害という
 治療なら
 治りません。
教会内の
 ―教会に僧侶ですかい?
 日の丸が3つもあるし!
 
「お滝場」と呼ばれる修行部屋で
$PTSD研究家翠雨の日記
両手、両足を
ベルトなどでいすに縛り付け
無理やり
顔面に水を浴びせるなどの
暴行を加え
窒息死させられたようです。
今年3月から
100回程度にわたって叫び
ベルトなどで身体を拘束たり
父親が押さえつけたりしていたのは
「除霊のための行為だった」
そうです。
こんなデタラメがこの世にあるのは
PTSD否認のためです。
一番の加害者は
学者かもしれないと
思えてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。