運転手死亡児童39人全員負傷のバス転落事故のこころのケア

今朝
愛知県瀬戸市で起きた
事故ですが
児童が搬送された病院では
事故のショックで
「お母さん、お母さん」と
泣きじゃくる声が響いたそうです。
 ―親御さんも
 不安な気持ちで
 現地に向かいます。
事情はわかりませんが
運転手(自我)が死亡し
全員が負傷するのは
PTSD解離社会の象徴みたいです。
正気を失った大人が
子どもを死に追いやっている
現実への
無意識からの警告でしょう。
★DV家庭の子や虐待児を
発達障害扱いし
(勉強ができず、おどおどしてます)
安易に怖い怖い精神病薬を処方したり
★いじめで不登校になったのに
精神病院に連れて行き
そこで治らないからと
怪しげな滝行で
溺死させたり…
少子化対策より
子ども保護が大事です。
それには
こころのケアや
こころの健康教育です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。