酒に酔い暴れる父親にキレて撲殺してしまったPTSD解離男性の悲哀

茨城県で
33歳の会社員の男が
酒に酔って大声を上げるなどして
暴れていた父親に
腹を立て
口論の末
殴る蹴るの暴行を加えて
死なせた疑いで
逮捕されました。
父親は
アルコール依存症ですね。
昔から
嫌な思いをさせられてきたのかも
しれません。
 ―子どもはぐっとガマンします。
6日に帰省し
『いつまで…』と
キレてしまったのでしょう。
これも
機能不全家族の一例ですね。
こういう場合は
下手に帰省しては
いけないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。