『葬られた秘密』 ~ユング派にはないPTSDのトラウマの扱われ方

ラフカディオ・ハーン
(小泉八雲)の『怪談』からです。
裕福な商人の婦人が
亡くなりましたが
幽霊になって出るようになり
屋敷は恐怖の館となりました。
 ― 一族そろって会議して
   いろいろやってみますが
   どうにもなりません。
   心理療法を受ける前みたいですねひらめき電球
禅寺の博識の住職
霊についての助言を求めますと
 ―当時の心理療法家
 その多くは
 今は葬式しかしないが
 収入は格段に上
やってきて
「箪笥の中か
その近くの何かに想いを残しているはずじゃ」
 ―箪笥の前に現れるから
 問題行動が
 どこに現れるか
 (心理的場所ですが)
 要注意ですねひらめき電球
出てきた幽霊に
「私は
お前を救ってほしいと
頼まれてここに来た。
おそらくこの箪笥の中に
心残りに思う何かがあるのだろう。
私がそれを探してしんぜようか。」
 ―ラポールの形成ひらめき電球
 土足で介入してはダメです。
なかなか出てきませんが
 ―トラウマはそうそう簡単には
 出てきません。
とうとう
一番下の引出の貼り紙の下に
一通の手紙を見つけ
「これが
お前さんを今まで
悩ませていた物かね」と聴くと
うなづくので
「これを燃やしても宜しいか」と
確認
 ―最後までラポールひらめき電球
「私が
この朝早くに寺で
燃やしてあげよう。
私の他には誰にも
これを読ませはしないよ」と
約束しますと
微笑んで姿を隠しました。
 ―守秘義務は
 特に家族に!です。
その手紙は
若い頃に受け取った恋文で
和尚は
墓場までそれを持ってゆきました。
$PTSD研究家翠雨の日記
お能の舞台装置と
同じです。
ユング派は
日本の伝統的な
心理療法の基本を無視するから
 ―禅や西田哲学に流れるもの
 ジブリもこれを掬う。
なーんにも見えないのです。
『源氏物語』の意味も
取りそこなった人が
 ―『竹取物語』がわからない人も 
 えらそうにするけどあせる
 
  最近は
  『遠野物語』にも
  変なこと言ってるあせる
お能の時期について
比較検討したところで
見えてくるのは
「この人統合失調症かな?
発達障害かな?」
 ―こんなの混同するなパンチ!
 犬と猫の区別もつかないのかな…
PTSDが見えないなんて
愚かしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。