原発事故より恐ろしい日本ユング派の暴挙『借りぐらしのアリエッティ』

東京都世田谷区の
歩道の一部から
高い放射線量が
測定された問題は
調査の結果
東京電力福島第一原発の
事故による影響ではないことが
判明しました。
隣接する民家の
床下にあった
木の箱の中に
瓶があり
この瓶から
高い放射線が検出されたため
中に原因物質が
入っていると
みられています。
アリエッティのお話では
民家の地下に
象徴の住む  ←小人
集合的無意識の世界が
あります。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
よーく目を凝らせば
植木鉢がかまどに
紅茶缶は鏡に
ワインボトルは
採光のための工夫と
見えるのですが
今の日本のユング派は
象徴を否定します。
象徴なんて
難しい話
どうでもよさそうですが
象徴が使えない=先天的な不治の病
ですから
象徴があるのかないのかは
大事な話です。
 ―勉強ができなかったり
 人と仲良くできないのが
 発達障害で治らないのか
 PTSDで治るのか。
原発事故は悲惨ですが
セシウムより怖いのが
日本のユング派の暴挙です。
発達障害と誤診された子どもの
人生の可能性は
地下に封じ込められてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。