世田谷ラジウム民家の床下『借りぐらしのアリエッティ』

$PTSD研究家翠雨の日記
$PTSD研究家翠雨の日記
東京都世田谷区の
民家の床下から
放射性物質のラジウムが入った
瓶が見つかった問題は
解決しましたが
放置された

金属缶
木箱などを借りてきては
アリエッティたちは
工夫して使用し
生活しています。
瓶の一部には
「日本夜光」と
書かれた
ラベルが貼ってあったそうです。
$PTSD研究家翠雨の日記
アリエッティたちは
瓶を使って
地下に採光
$PTSD研究家翠雨の日記
翔君は
常夜灯をつけていたので
アリエッティが見えました。
昼も夜も照らすのが
奈良の大仏さん
 ―華厳の大本山
 天皇夫妻が子どもを失い
 PTSD予防のために
 建立されました。
$PTSD研究家翠雨の日記観音さまも一太極二陰陽
ラジウムは
医療用
過去には
時計の文字盤などの
夜光塗料の材料に
使われていたそうです。
本日は
『借りぐらしのアリエッティ』が
賞を取ったニュースが流れましたが
なかなか
象徴的でタイムリーな
出来事です。
精神科医療問題は
過去にさかのぼって
象徴を取り戻さねばならないと
思います。
今回動いた
文部科学省は
今の日本の臨床心理学にも
警戒してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。