19歳PTSD解離少年に自殺幇助させた病苦の44歳PTSD解離女性

東京で
無職44歳の女性が
首や腹を刺されて死亡し
会社員少年(19)が
自分が刺したと通報してきました。
2人は1~2年前から
交際していて
「女性に頼まれて刺した。
病気から救ってあげたかった」
何の病気かは不明ですが
死にたくなるほどの
ストレスから
少年がどうなるか
見境なく
依頼するのは
PTSDであり
解離していますね。
少年も
その苦しみに被曝し
 ―共感して
正しい判断を
解離により
失っています。
PTSDは放置すると
家族内だけでなく
外部にも
よくない連鎖が起こり続けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。