PTSD否認の時代に弟殺人とすき家強盗未遂の重症解離人格33歳逮捕

9月
「すき家」への
強盗未遂の疑いで
逮捕された
33歳の男は
川越市の
自宅の床下の地面を掘って
弟(当時30)の遺体を
埋めていました。
 ―弟は昨年7月から行方不明
殺し屋とか
そういう職業じゃなくて
まだ32歳で
強盗と殺人を
犯してしまう。
PTSDの解離の流行は
否定されたまま
 ―20年前の流行で
 今は躁うつ病とか発達障害が
 流行していることに
 なっている。
重症化しています。
研究者は
統合失調症か発達障害かの
区別もできないくらい
 ―だったら引退したらいいのに
目が悪かったり
$PTSD研究家翠雨の日記
自分も酔って
踊ってたりしますから
事実が見えないのでしょう。
相乗効果で
狂い続けるのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。