モスクワのPTSD性アルコール依存症から学ぶこと

市内の広範囲で
カーチェイスを繰り広げている
車があり
警察が車を停止させると
運転席には
全裸の男がいて
警察車両の
後部座席に押し込まれたときは
笑顔を見せていたそうです。
 ―多重人格ですね。
男はモルドバの出身で
40代とみられています。
アルコール濃度検査で
「異常に高い」数値が検出され
満員の児童を乗せた
通学バスにも
ぶつかる寸前でしたが
 ―やはり
 無意識はこれを狙うのですね。
 幼児期のやり直しの
 錯誤です。
重傷者は出ておらず
かの地では
 ―日本は狭いですが
一般人も
集合的無意識的に
解離行動に適応している部分が
あるようです。
$PTSD研究家翠雨の日記
ドストエフスキー文化の
国ですね。
 ―てんかんみたいに見えるけど
 PTSD
 これを間違って
 手術してしまうと
 取り返しがつきません。
日本人で
ウォッカをあおる人が
少ないように
 ―テキーラ飲み干す女傑は
 奇跡的に
 回復してますがあせる
国際基準の
数倍も
精神科の薬を飲んで
よいわけありません。
 ―良心的な医者は
 それを計算して処方してますよ。
 普通の薬だと
 体重を考慮しますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。