芦田愛菜が歌う機能不全家族応援歌→PTSD児増産装置

ソロデビュー曲
「ステキな日曜日
 ~Gyu Gyu グッデイ!~」が
 ―愛菜ちゃん
 日曜日はどうしてますか?
 給食は何が好きですか?
オリコン週間シングルランキングで
4位に初登場し
話題になってますが…。
楽曲提供の
元プリンセス・プリンセスの
岸谷香は
「愛菜ちゃんの笑顔は
たまらなく愛らしく
そのパワーは
今の日本を
明るく照らす太陽だと思う」
$PTSD研究家翠雨の日記アリエッティ
アマテラスイメージですね。
 ―大事なのはわかります。
竹内まりやは
「芸能界という大人社会で
あれほど自然な子供らしさと ←自然かなぁ…
ほほ笑ましさを
失わずにいられる秘訣は
ご両親の愛ではないかという
 ―確かに
 デビュー前はそうだったのでしょう。
答えに行き着き
そんなママ世代にも
喜んでいただけるよう」に
書いたと
コメントしています。
流行歌は
流行らなければ意味がないですね。
ママへの応援歌は
目の付け所として
よいでしょう。
しかし
今や
子どもらしさもかなぐり捨てさせられ
 ―少なくとも小学生らしくはない。
大人の敷いた
レールを驀進させられているだけの
愛菜ちゃん
 ―利発だから
 言わなくても応じます。
 しかし危険な利発さです。
日本の子どもたちは
それをモデルにしなきゃいけないと
追いたてられます。
 ―ジブリは
 よい子は
 都合のよい子になって
 あとあと問題が多いから  →PTSD児へ
 ポニョを描いたのです。
 こころの自然を貫け!と。
 (中途半端はダメですよ) ←大人に多い
機能不全家族応援歌
PTSD解離児童
増産歌になりそうな
気がします。
 ―愛菜が流行れば
 リスカが増える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。