フクシマでは臨床心理士による「こころのケアお断り」

永平寺で行われた
 
 ―道元のお寺
「原発を選ばないという
生き方」という
シンポジウムで
フクシマの酪農家
長谷川健一さんは
★「足手まといだろうから」と
102歳のおじいちゃんと
93歳のおばあちゃんが
自殺し
★女子高生たちは
「私たち
結婚できねえべな」と
話しているエピソードを
紹介しました。
どちらも
相当意識的に
自覚し
悩んでいます。
そして
無意識には
『姥捨て山』の
心理が今も生きています。
 ―自分より後世のことを
 大事に考える。
原子炉に
「もんじゅ」
「ふげん」と
名づけた専門家より
 ―文殊菩薩
 普賢菩薩
仏の智恵と慈悲を感じます。
この地平に立ち
ここから先を一緒に
考えてゆくのでなければ
 ―足手まといなんかじゃ
  ないわけですから…。
 結婚をあきらめて
 ほしくないわけですから…。
邪魔だと思います。
最終貯蔵庫の
ユング心理学の
象徴を否定するということは
 ―発達障害やうつ病の流行に
 加担するために
 デタラメを言ってます。
文化や歴史や宗教や
哲学を否定することです。
傾聴は
この地の人の
文化や歴史や宗教も
聴き取るものでなければなりません。
 ―東北では
 お墓や位牌を気にする人が
 多いのです。
 一番の気がかりは
 先祖供養なんです。
 東京には
 そんな人少ないでしょうが。
 拝み屋さんが亡くなって
 戸惑ってる人も多いのです。
心理療法家の
こころのケアチーム
 ―そもそもコレ自体が
 催眠商法&ねずみ講的
 新興宗教ですよ。
 もうすぐ紙切れになる
 【臨床心理士】資格に
 魂切り売りしながら
 お金と人生つぎ込んできた
 ヒトビトですから…
お断り…
得心しました。
$PTSD研究家翠雨の日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。