胡散臭い臨床心理士とかスクールカウンセラー

大阪府では
校長のなり手が
激減傾向だそうですが
 ―いじめ自殺など起これば
 よくわからないのに
 矢面に立たされますし
 センセイの評価をしますから
 訴訟も起きます。
 弁護士費用は自腹です。
$PTSD研究家翠雨の日記
それどころじゃないですね。
センセイが大変です。
そもそも
業務が煩雑になり
生徒も家族も問題を抱えて
 ―当然情緒不安定で
 勉強どころじゃなくて
センセイがこころのケアまで
する余裕がなくなったので
 ―自分がして欲しいくらいで
そのお手伝いに
スクールカウンセラーが
学校に入ったのです。
★いじめ自殺の説明も
 ―もちろん予防の努力も
★不登校対応も
★リスカ対応も
★センセイのストレスケアも
 ―よく言って
 「~が流行してます」
 「フツーが大変です」
スクールカウンセラーの
お仕事ですよ。
要するに
機能してないってことですね。
学会でも
臨床心理士の国家資格化が
テーマの会場は
人が多いけど
スクールカウンセリングが
太刀打ちできない現状があるとか
そういうの
聞いたことがないです。
 ―みんな一丸となって
 がんばりましょうとか
 うまくいっていると
 思わせるようなトリックは
 敗戦まじかの日本みたいです。
そんなのだから
国家資格化可能性は
ゼロになり
 ―敗戦を隠してます。
 ある意味進化!
資格証明書は
紙くずになったんですよ。
 ―凄い高額ですよ。
 巨大な催眠商法構造です。
全国に作られた
養成校はどうするつもりですかね。
 ―この大学じゃないと
 資格が取れないなんて
 暴挙に出てるし叫び
 
 そんな学問
 他にありますか?
資格がない
スクールカウンセラーは
半額の日給らしいし
 ―効果は逆転してる
 データも出たらしい
河合隼雄の
凄い置き土産です。
今からでも
PTSD中心にしたら
少しは
巻き返せると思うんだけど
まだ
行動療法とか
広汎性発達障害への
甘い夢から
目が醒めないらしい。
ユング派が
寝てるからね。
処置なしですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。