妻のPTSD解離上司がキレて夫を殺害

横浜市栄区のマンションで
昨夜
住民男性(42)が刺殺したのは
男性が勤める
海運会社の同僚(45)で
妻(39)の上司でもありました。
郵便局員を装い
ヘルメットにマスク姿で
帰宅直後を狙い
周到に準備していたようです。
 ―計画する能力と体力はありますが
 妄想を維持し
  ―ドストエフスキーの小説みたいに
  「自分は選ばれた存在だから   ←自分が選んでる
   違法も許される」    ←勘違い
 良心を
 一瞬【解離】させる必要があります。
 それができるのは
 PTSDしかありません。
妻は
「9月に仕事上で
男と口論になったことはあったが
トラブルになるようなことは思い当たらない」と
言っています。
口論はトラブルだと
思います。
 ―恐怖心などで
 【否認】が起こっています。
容疑者のこころのなかには
妄想も含め
 ―妻には責任がない。
トラウマティックな
妬みや罪悪感や
絶望が渦巻いていたのでしょう。
PTSD解離の時代
職場も要注意です。
いじめから
精神科通院になる人も
多いですが
逆バージョンも
増えてきています。
PTSD予防教育は
職場にも必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。