「面白いから」と仮眠中のサラリーマンに放火したPTSD解離少年逮捕

東京で
前夜に酒を飲み
始発を待つために
公園のベンチで過眠していた
40代の男性会社員が
少年(18)に火をつけられ
左手に軽いやけどを負いました。
少年は
「慌てる反応を見るのが
面白かった」と
供述しています。
 ―良心を【解離】しています。
 同じようなことを
 されてきた自尊心の傷つきが
 (勘違い的に)癒えるので
 誰でもいいから(無差別)
 仕返しをするのです。 
警察は
1日早朝に
JR東京駅近くで
女性(67)が被害に遭った事件についても
追求するようです。
 ―放火は依存症的に
 繰り返したりしますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です