認知の歪みバリバリのPTSD的暴走

コメントくれたけど
まともに答える方が
KY的なので
放置しときました。
ブログをナナメ読みしてみると…
動悸やフラッシュバックなど  
たくさんの症状を抱え
外出もままならないようです。
 ―それで私に
 「持病はあるか」と聞いたのですね。
 教科書通りの【投影】ですね。
両親にうつ病にされて  
病院でPTSDと診断されたそうですが
 ―このブログに
 わざわざ
 うつ病とPTSDが流行ってると
 教えに来てくれたのは叫び
 この部分ですね。
 「治るんです」って言いに来たひとも
 いましたね。
記憶障害がある病だから
受験勉強しすぎると
頭が壊れると言われ  ☚珍説
恐怖で
 ―いくら京大病院でも
 こうは言わないと思います。
 認知の歪みバリバリの意識で
 聞いたら
 こう聞こえるのでしょうね。
父親が誰かわからなくて
母親は最近
他人の子どもを産んだので
(傷ついて?は【否認】か)
子どもを産みたくない人と
結婚したいそうです。
 ―無自覚なまま
 運命に翻弄されてますね。
電車は
止まって欲しいときに
止まってくれないので
そこが短所だとか
両親に訴えられているが
訴えたくて
弁護士事務所を訪れたが
ネクタイの結び方が
適当だからムカついたとか
 ―アスペルガーとか
 注意欠陥多動性障害と
 よく間違われなかったね。
自己中心的な
認知の歪みもバリバリです。
こういう人は
どうやって
現状から抜け出してゆくのでしょう?
社会的問題だと思います。
やはりこころのケア教育しか
ないのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です