『ものすごくうるさくてありえないほど近い』9・11版PTSD予防の原理

$PTSD研究家翠雨の日記
第2次世界大戦で
運命の変わった祖父母
9・11で命を落とした父
そして
少年オスカーへと
歴史の悲劇に見舞われた
3世代の物語が
紡がれています。
 ―ギリシア悲劇のように連鎖
最愛のひとを失った人が
どう再生し
どう希望を見出していくのか
その答えは
創作のなかにあります。
 ―言葉ではなく
 イメージで表現されて
 伝わります。
少年オスカーは
クローゼットで
1本の鍵を見つけ
父親が残した
メッセージを探すため
ニューヨークの街へ飛び出していきます。
$PTSD研究家翠雨の日記
PTSDの予防と治療の鍵は
 ―原理は1つです。
 治療ができない専門家には
 予防もできません。
 むしろPTSDを作ります。
見落としそうな
ささいなもので
 ―「これだ!」と確信するのが
 毒だったりして…。
それを大事にし続けることが
自己実現に繋がることは
普遍的な
心的事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です