18歳元スピードスケート選手PTSD解離性ニート返上し角界入門

大相撲春場所の
第2新弟子検査が行われ
―小柄な力士対象
 と言っても
 175センチ、68キロ
茅野峰大(18)君が
合格しました。
小さい時から
スピードスケートで
頑張り
全国大会に出るほどでしたが
 ―発達障害ではありません。
 生後3ヶ月で
 首のおすわりがみられないようなのが
 (個人差はありますが)
 発達障害ですから。
 彼はハイハイも
 早かったのではないかと
 想像します。
挫折し
学校に行くのが嫌になって
自宅に引きこもり
 ―ストレスで引きこもったのですから
 PTSDですね。
中学卒業後は
進学せずに
3年間を過ごしましたが
力士が稽古している姿に感化されて
入門を決意したそうです。
 ―頑張ってると
 誰かを励ますことになるから
 
 頑張ることは大事なのです。
このあと
内臓検査があるそうです。
 ―過食やストレスに
 耐えねばなりませんからね。
抗精神病薬を服用してなくて
良かったですね。
 ―若くても
 あちこちボロボロになりますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です