『うつ病は重症でも2週間で治る、もし…』でまたPTSD解離人格が煽られる

$PTSD研究家翠雨の日記
うつ病と書いてますが
考え方を変えて治るというのは
精神分析や
仏教の考え方

対応は
ノーマルから神経症レヴェルです。
 ―統合失調症に見える
 神経症も含みます。
 PTSDもここに属します。
 心理学は
 うつ病に対しては
 お手上げのハズです。
そして
「つらい生き方」をやめるという
表現は
誤解を生むでしょう。

どうしてつらくなるのか
認知の歪みに気づくべきであって
 ―わざわざ
 ぶつかっていく癖があるとか  ☚無駄で迷惑
 甘えの変形で
 (拗ねたり・泣き落としたり)
 人を操作しようとしたり叫び
 著者はアドラーが好きらしい。
「それ毒親のせいです」
「無視しましょう」とかだと
 ―白黒二元論思考は
 永遠の魔境です。
ただでさえ
ストレスに弱く
自己チュー行動しがちな
【解離】の時代なんですから
毒になるでしょう。
 
 ―治療薬の毒よりは
 こちらの毒の方がマシですがね。
 確かに
 薬物は離脱したとか言いつつ
 このレヴェルの人は
 多いですね。
よく売れるでしょうがね。
 ―「あなたはそのままでいい」
  みたいな
  耳障りのよい響きが好まれる。
 2週間で本を買ったことを
 忘れる人も多いかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です