PTSD解離性過食症は入院ではなく自己治療で治す時代

朝日新聞で紹介されてました。
 ―素直に読めば
 病院では治らないんだなぁ
 自力で克服するんだなぁ
 PTSDなんだなぁと
 理解できると思います。
$PTSD研究家翠雨の日記
中1で
友だちとダイエットを始めたが
痩せすぎで
精神科入院
高校生の時
退院し
過食症に反転
 ―陰陽の病ですから
罪悪感や自己嫌悪から
リスカ併発
 ―依存症は
 すぐに
 もれなく
 2つ3つ付加される。
地獄のような絶望の日々だったと
思いますが
ノートに
思いを吐露し始めて    
 ―古典的ですね。
 
 こういうのを
 思い出すように
 人間の脳はできているのです。
 精神科に入院したままだと
 この脳も壊れます。
★過去の問題想起するうち    ☚固着と退行
 ―不仲な両親の調整役を
 させられていたことを
 思い出す。
 「いけにえ?」との気づきは
 なかなかです。
 気がつかなかったら
 いけにえ人生でした。
★就職活動開始
典型的な
自己治療過程です。
 ―病院では治らなかったのです。
おまけの識者の意見はというと…。
摂食障害の原因は複雑だが
 ―とごまかす詭弁は
 常套手段
スリム礼賛社会の弊害とか
お茶を濁してますが
一緒にダイエットした
お友達は
途中で
適当にしてますし
 ―PTSDには適当が
 むつかしい。
ツイッギーが
タラップ降りた年
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
精神病院が
満員になったとかも
聞いてません。
この人が回想した
機能不全家族の光景が
 ―うそー!
 そんなことで?というような
 内容ですが
 
諸悪の根源なのですが
 ―PTSDですね。
なぜか
精神科や心療内科で回復するし
自助グループもあるからと
まとめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です