PTSD解離性連鎖による自殺者多発の被災地で宗教が拒否される理由

$PTSD研究家翠雨の日記
まずは
報道されていないだけで
被災地では
やはり
自殺者が多いという事実の報告に
驚愕します。
★サバイバーズ・ギルト
★アルコール依存症という名のPTSD
 ―パチンコ依存も増えているのでしたね。
★PTSD負の連鎖としての自殺
被災地の問題は
どこからみても
PTSDです。
そして
宗教者は
入れてもらえないと嘆いておられますが
そういう風にしたのは
葬式仏教です。
お釈迦さまは
生老病死が
PTSDの種になるから
どう考えたらよいか
教えたのです。
『チベットの死者の書』のように
 ―死にゆく人への語りかけですが
生きている人間のための
哲学を説いたのです。
それをサボってるから
臨床心理学が台頭し
精神医学がはびこり
自殺者が増えているのです。
被災者は
「位牌を探しに行きたい」とか
言います。
「それを一緒に探してあげたら
いいじゃないか」と
 ―探しながら
  こころを整理するのです。
私が言いますと
友達の臨床心理士でもある僧侶は
「そういうのは
私たちの仕事じゃない」と
言うのです。
クライエントの立場に立つ
傾聴が失われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です