エルメスを悩ませるパクリ文化の中国はPTSD解離文化か

フランスの本家エルメスの
中国語表記は
「愛馬仕」
1995年に
中国広東省の企業が
「愛瑪仕」を登録したので
1997年以降
中国の商標当局に
繰り返し異議を申し立てましたが
却下され続けています。
ディズニーランドでも
パクリますからね。
コピー商品とも呼べないくらい
品質が違うと思いますが
世界は広いですから
エルメスイメージに
傷がつくのは確かでしょうね。
日本の揺籃期に
多大な影響を与えた
 ―それで『古事記』が生まれた。
中国文化ですが
国際感覚を【解離】し
何でも呑み込むところは
ヒステリーっぽいですね。
 ―超外向的

2 thoughts on “エルメスを悩ませるパクリ文化の中国はPTSD解離文化か

  1. あ*

    SECRET: 0
    PASS:
    「舶来物」というだけで有り難がる人が多数派だった時代は、同じだったのではないでしょうか。現代でも、ヨーロッパ・ローカルの問題を自分たちの問題と錯覚するのは、PTSDの一種かも知れません。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >あ*さん
    ヨーロッパ・ローカルかぶれは一緒でしたね。
    そしてシステムがもうこれ一辺倒なんですよね。日本のPTSD重症ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です