苫小牧署副署長も懲戒処分されないとPTSD解離性セクハラ繰り返す

苫小牧署副署長の
男性警視(55)が
部下の女性職員らに
セクハラ行為を繰り返したとして
 ―酒席で手をさすったり
 不快にさせる性的な言葉を掛けたり
 署内でも
 大声での不適切な言動があった。
停職1カ月の懲戒処分になりました。
PTSD解離性格は
 ―常識や
 良心
 被害女性の気持ちを感じ取る能力が
 【解離】していますね。
 とてもノーマルとは言えません。
なかなか自力では
変化しないので
 ―今回の処分も
 自分が悪いとはいえ
 ストレスです。
 PTSDはストレス障害ですからね。
懲戒処分を受けたからと言って
一件落着となるかどうかは
わからないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です