療育手帳もらえず毒づく【でっちあげ発達障害】のPTSD解離毒親の心理

保健所の検診や
児童相談所の
判定で
再検査になっても
 ― 精神科と違って
  一度には決めつけないで
  経過観察などする。
そもそも
子どもは
発展途上の存在ですから
 ―大人も本当はそうですが。
一時的に
数値が低かっただけということが
あります。
 ―機嫌が悪いと
 モチベーション下げ下げですから
 点数上のIQを下げるでしょう。
 それは生まれつきのIQの低さではありません。
療育手帳の該当レヴェルでないとわかった
ある母親は
 ―うつ病治療で
 集合的無意識に
 バリバリ適応するよう
 条件づけられている。
 今時
 子の父親のことを
 「旦那さま」と呼ぶ。  ☚メイドカフェかはてなマーク
一瞬は
『やった!』
 ―正常反応
しかし
即座に判定員に
毒づきます。
 ―子どもが
 療育手帳をもらい
 知的障害が明らかでないと
 不安になるのです。
 凡人には理解不能な世界ですね。
「普通というなら
普通の子と同じように
家庭では何もしなくてよいってことか?」
 ―飛躍しすぎですね。
 未治療PTSDの話はすぐ飛びます。
 ―うつ病誤診治療は
  PTSD治療になりません。
「検査だけしといて
軽症なら後回しか?」 
 ―入試なんか
 数万円かけても
 点数低いと
 入学拒否ですが…。
「AIDSでも
軽傷なら放置か?」 ☚おいおい…あせる
 ―常識解離すると
 口が軽くなります。
しかし
判定員の
腰の低さが
 ―PTSD予防が必要なくらいの
 モンスターです。
傾聴になり
 ―「お気持ちはわかります…」
  「ご家庭でも
   お子さんに合わせて
   工夫してみてください…」と
   答え  
  「何で私を攻撃するか…」
  
  「エイズと一緒にするなよ!」とは
  言わない…。
  
『不安なだけ…』と
気づくものの
不安を自分で引き受け
善処しようという発想はなく
空笑いしてみせます。
 ―うつ病よりエネルギー枯渇したら
  出るものですが
  意識的に出してるのが
  PTSDです。
  高笑いも案外ありますね。
子どもが不思議そうな顔をしますが  ☚正常反応
強くなるための
おまじないだと教えます。
 ―過去を忘れて前向きにと
 条件づけられてますからね。
号泣して
「泣いてるの?」と聞かれた親も
「泣いてないよ」   ☚否認
不安を抑圧する親は
不自然であり
子どもを不幸においやります。
もちろん自覚なしです。
諸悪の根源は
うつ病誤診治療です。
生還しても
このような負の連鎖を起こします。

1 thought on “療育手帳もらえず毒づく【でっちあげ発達障害】のPTSD解離毒親の心理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です