ゆとり教育もでっちあげ発達障害も個性を潰す

$PTSD研究家翠雨の日記
型は大事です。
基本や
常識を学ばず
好き勝手して
個性は育ちません。
でっちあげ発達障害親の間で
勘違いが横行しています。
 ―自分もストレス回避癖がついてるから
 間違いに気づかず
 詭弁を弄する様子は
 病的です。
ゆとり教育の弊害も
あちこちで指摘されているなか
 ―在日外国人の子は
 どれだけ勉強してるか。
 病院通ってるなら
 医師の名前で気づきそうなものです。
子どもにストレスを与えないために
PTSDで注意散漫なのに
支援学校に
(経度なら支援学級が限界でしょ)
特別入学させるような親は
毒親です。
未だに
発達障害を受け入れるなんて
 ―新聞の書評を見てください。
 
 ひそかに潮は引いてます。
亡国・退廃の文化です。

2 thoughts on “ゆとり教育もでっちあげ発達障害も個性を潰す

  1. あ*=franoma

    S先生( https://bit.ly/Ssensei )ブログからのリブログ記事:
    ”ヨーロッパ多施設共同研究、「不治(治療抵抗性)うつ病」を予測する要因”
    https://ameblo.jp/aya-quae/entry-12416041046.html
    に我々が15年あまりやられたことは、我々の《個性」とは何にも関係ないことを加筆しました。
    「彼ら」が世界で展開している「来談者制圧」は、単に《観察主体》を手放させるだけのことですから「来談者の個性」とは何にも関係ありません。
    2018/11/03 08:27:54

    息子の実父が反核平和主義だからこそ嫌がらせのターゲットにされ、私を「放射能フォビア」扱いにして社会的に抹殺し、愚息を鉄砲玉として手下にしようとした訳で…
    反核平和主義は個性ではなく《人類共同体》の常識ですね。

    返信
    1. 翠雨

      〈日本精神神経学会機関誌「精神神経学雑誌」に投稿しましたが明確な理由無しに没にされました(検閲)〉
      私にも同じことをする学会があったので、「傾向と対策」を考え、今年は順調です☺
      この手のパワハラも、事例として大きな枠組みで治療しないと駄目ですね。
      つまり学会にメスが入るのです☺

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です