JR宝塚線脱線事故いまだに行動療法的懲罰教育でPTSD配慮なし

事故は2005年ですが
昨日
事故を起こした
快速電車の車掌(49)が
出勤停止7日の
懲戒処分になりました。
★救助活動を怠り
★遺族の心情に配慮しない
 言動を繰り返した
というのが
理由だそうです。
確かに
いけないことですが
病気で休職していますから
 ―それで処分を受けていなかった。
PTSDを発症していると
考える方がよいと思います。
 ―ストレスに耐え切れず
 解離して★のようなことをするのは
 わりと普通だと思います。
罰より治療です。
 ―二元論では
 みんな不幸になります。
そして
こういうことがあると
PTSD予防教育で教え
二次被害を防止することです。
 ―車掌も遺族も救われます。
$PTSD研究家翠雨の日記2011・4
報酬と罰で
人心をコントロールする
行動療法は
ダメです。
しかも
「結果の知識」を
 ―できるだけ早めに伝えるもの
 トラウマには配慮しますがね。
遅れて伝えるのは
行動療法としても
ヌケてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です