春の憂鬱は【ふきのとう】でデトックス

文化の中で
好まれてきたものには
意味があります。
 ―統計学であり
 科学であり
 心理学です。
★イメージがまず大事で
一番早くでてくる山菜で
雪解けを待たずに
顔を出します。
$PTSD研究家翠雨の日記冬の中の春
せっかちですが
日本では
季節の先取りが好まれますね。
 ―人真似小猿はちょっと恥ずかしいあせる   ☚ヒステリー
★栄養学的にも理にかない
 ―栄養学も陰陽五行の科学
「春の皿には苦味を盛れ」
独特の香りと    土気
ほろ苦さが      火気
春の息吹を感じさせます。 木気
冬の間にたまった脂肪を流し
味覚を刺激して分を引き締めて
一年の活動をスタートさせます。
★動物観察で確認
 ―動物実験は可哀想
冬眠から目覚めた熊は
最初にフキノトウを食べるそうです。
 ―これは本当かな?
木気は肝臓に配当されます。
肝臓が弱ってるからかも
しれないですね。
鬱の人は
肝臓が弱っている上に
薬で肝臓がさらに
いじめられます。
 ―東洋医学の先生が言ってた。
季節の薬草のパワーをもらって
デトックスにつとめましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です