未治療PTSD解離毒親の中途半端な哲学に被爆したでっちあげ発達障害児

酔っ払いオジサンは
 ―PTSD解離性依存症
よく講釈垂れますニコニコ
 ―半分は正しいけど
 半分はビミョーです。
たいていの人は
そーっと離れますが
良い子が餌食になります。  ☚聞いてあげる
 ―会社でもよくありますよね。
DV夫も
 ―妄想に酔っ払った
 PTSDですから
「足ることを知れよ   ☚知足は禅語ですね。
 
 おまえ!」
『おまえが知れむかっ』と思えたら
 魔法にかからないのですが   ☚ワナです。
 『ホントそうだわ。
  私が至らないから
  (殴られるのだわ)』
 『私のこと思って    ☚優しい
 言ってくれてるんだから
 それにお給料だって
 入れてくれてるわけだし』は  ☚外面いい人も多い
 魔境
幼い子どもの場合は
逃げ場がありません。
保育所行ってるから
 ―おむつもとってくれるし
 常識も教えてくれます。
親の哲学を超えてる場合があります。
 ―親はトラウマ治療放置で
 発達的にはお子ちゃま
 それを上から目線で聞かされたら
 混乱するでしょうね。
中途半端な哲学を語られた
子どもは
思春期なら
「ウザイ!」とキレることもできますが
お付き合いしているうちに
だんだん
不適応をおこすようになります。
これは発達障害ではありません。
大阪の二児遺棄死母の言うように
「私が母親でなければ
七五三にも行けたし
死ななくてすんだ…」
こういうのは
PTSD児ですが
確実に増えてます。
 ―PTSD負の連鎖ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です