なんちゃってこころのケアチームは地下鉄サリン事件のPTSD解離教祖にどこまで接近する気だろう

追悼式が
東京メトロの
霞ケ関駅で
開かれ
管区長は
「亡くなられた方への哀悼と
今も治療中の方の回復を祈りました」
献花した
前田武志国土交通相は
「鮮明に覚えている。
決して再びあってはならないことだ」
サリン被害に遭った人たちは
「今も全身の疲労感で働けず
会社も辞めた。
戻れるなら事件前に戻りたい」
「遺族や被害者の心の痛みがなくならない限り
事件は終わらない。
風化させないで」と
訴えました。
気の弱い教祖が
偉そうに
なんちゃって宗教や
なんちゃって哲学で
人を翻弄
 ―ヒステリー的に
 変なことを言う陶酔感
 珍しいものに飛びつき
 希望をつなぐヒステリー
都合悪くなると
全て捨てて
自分だけ逃亡
 ―解離性遁走
今は便失禁の廃人です。
 ―PTSD放置すると
 廃人になります。
気の弱い
こころの専門家も
真似しますかね。
 ―被災地にはPTSDは少ないとの
 なんちゃって心理学
まだ来てない分の不幸は
避けられますがね。
 ―多少痛みはあるでしょうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です