たれぱんだみたいなでっちあげ発達障害児のPTSD解離的こころのうち


福祉の相談員が
「障害児は福の神って言うのよ」と
言ってました。
そうかもしれませんが
PTSD時代の
でっちあげ発達障害児には
 ―その実PTSD児
$PTSD研究家翠雨の日記
確かに
癒し系が案外います。
 ―子どもの顔を
 UPする親に特に多いかな。
★バラバラな家族を
つなぐ役割をしていたり
 ―ぼんやりした表情ですが
 家族が馬鹿なことをしてるとき
 一人だけ真顔だったりします。
 そこだけ視線がばっちり合ってるんです。
★家族が大変なときに
希望の光として
生まれてきてたり
 ―光を演じるしか
 生きる道がありません。
人身御供ですね。
自分の楽しみとか
 ―そりゃ自分がなくなり
 自閉症的になります。
字を覚えるとか
 ―発達障害児っぽくなります。
保育所で空気読むとか
 ―家でやってますから
 保育所は休憩の場です。
そんなのやってるどころじゃないでしょう。
スーパーマンじゃないんですから。
大人でも
パニック障害起こして
精神科行ってるんでしょ?
昔は
生育歴を
きちんと聞き取り調査してましたから
(おじいちゃんのことくらいは
 普通に聴いた)
こういうのは
すぐわかったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です