青弓社『日本の精神医療史』でっちあげうつ病の「この国に生まれたるの不幸」

1918年以前の
(出版年)
精神障害者も
「この病を受けたるの不幸のほかに
この国に生まれたるの不幸」

座敷牢問題を
告発してます。
昔から
二次被害の方が甚大なんですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
呉という
精神医学の礎を築いた
東大の教授の本からの
引用らしいです。
精神科は
感染症の隔離政策のような 
ところから始まったので
 ―確かにウツル
 (心的感染ですが)
昔は座敷牢
今は精神科病院で
内容は
あまり変わってないようです。
 ―家族が虐待するか
 医療者が虐待するかの違いですね。
警察の管轄だったそうですが
そこもあんまり
変わらないですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
こういう本も
最近出てるし
常識に還りましょうという
動きじゃないですかね。
うつ病キャンペーンをやって
受診の抵抗をとってきたけど
(その罪は不問にしながら)
「みなさん
よく思いだしてくださいね」と
いうことではないかと
感じます。
思い出したら
行く人が減るんじゃないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です