阪和道の路上で激論中はねられ死亡したPTSD解離人格の二人

大阪府
松原市の
阪和道下り線で
 ―JR阪和線は
 PTSD解離自殺多発で有名
走行車線と
追い越し車線に
それぞれのトラックを止め
路上に降りて
口論していた
男性運転手2人が
 ―38歳と30歳
別のトラックにはねられ
 ―運転手は36歳で
 足に軽い怪我
まもなく死亡しました。
 ―停車していた
 別のトラックの男性運転手(30)も
 足に軽傷
警報音が鳴っている
線路に入っていくのと
路上で
口論するのは
同じ心理でしょうね。
カーっとなると
見境なくなる
PTSDの【解離】体質です。
予防しないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です